wimaxとsoftbankAirならどっちが買い?ホームルーターの人気商品を比較

安いWiMAXは超高速通信 | WiMAXでポケットwifiを持つならココがおすすめ | wimaxホームルーターの3大おすすめポイント | wimaxとsoftbankAirならどっちが買い?ホームルーターの人気商品を比較

現在、ホームルーターが利用している回線は2種類あり、1つ目はKDDIグループのUQが提供しているwimax2+(以下wimax)、もう1つがsoftbank提供のsoftbankAirになります。
そして最新機種は、前者が2019年1月リリースされた「Speed WiFi HOME L02(以下L02)」、後者が同年3月登場の「Airターミナル4」で、それぞれのスペックは以下のようになっています。
機種名 L02 Airターミナル4
サイズ・重量 93×178×93mm・436g 103×225×103mm・635g
最高速度:下り/上り 1Gbps/75Mbps 962Mbps/15Mbps
最大接続数 42台 64台
速度制限 3日10GB以上 曖昧
契約縛り年数 3年 2年
両者を比較すると、L02の方がコンパクトかつ最高速度に優れ、特にデータをアップロードする上り速度については、Airターミナル4の5倍に到達しています。
とはいえ、多くのユーザーが利用する動画視聴などのスムーズさを左右する下り速度に関しては、先代機種の350Mbpsから大躍進を果たし、L02の1ギガに迫る水準まで進化しています。